地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー

「福島と戦争」⑥

 信夫山の地下工場を探った感覚が、整理していく中で知った強い主張とずれている。
 散策した感覚では、頼まれてもいないのに、情報となる可能性も勝手に考えて、安全上位置的に曖昧に整理したところがあった。しかし、発信力の強い方々は、ここを遺産としたいという主張をお持ちの方が多いように感じる。
 福島と戦争展をみて、その感覚のずれを確認しながら、信夫山の散策の中に紛れ込ませておいた「信夫山の地下工場」にかかわる散策を振り返っている。
a0087378_559393.jpg
 南側の金龍抗と北側の坑道がつながっていることが、展示の中で示されていた。その北側の坑口に向かったことを、「信夫三山23 ~ 再び羽山」で整理している。
 
 信夫山の北側を目視した経験と福島駅に置いてある地図のプロットで、そこにたどり着けるものかどうか試したものだ。
信夫山の北側を目視した経験というのにかかわって、「信夫三山⑯ ~ 羽山⑫」で整理している。これが、調査された方の使った道筋と重なり、また、地下工場へ向かったと思われる道筋と重なる。
 「信夫三山24 ~ 再び羽山②」として、そのことを探りながら降りてきた事を整理している。
a0087378_685314.jpg
 山根工場の北側を意識して、射撃場の南側から観察したのはこの時だ。整理されたものを読み返すと、最初からうまく観察されたようになってしまっている。実際には、見逃してしまったことを後で追加したり、見誤りを修正しながら整理している。


a0087378_695012.jpg
 この写真を整理に使っていないのは、何もなかったこともあるが、山根工場を整理して随分時間がたっていたこともある。
[PR]
by shingen1948 | 2010-08-31 06:11 | ◎ 福島と戦争 | Comments(0)