地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
a0087378_927537.jpg 自信はないが、こちらも庚申塔碑なのだと思う。
 「青面金剛」像や「庚申」の文字碑でない場合、素人が庚申塔かどうかの見分けに使うのは雄雌の二羽の鶏、三猿像、それに太陽と月と雲だ。
 そのうち、この碑で確認できるのは太陽と月だけだ。

 「青面金剛」像や「庚申」の文字が刻まれる部分に何が刻まれているのかは、写真をいろいろ加工してみてもよく分からない。

 いろいろ検索して、「庚申塔探索」ページに、庚申信仰で使われる真言が刻まれている可能性があるという情報をみつけた。
 https://blogs.yahoo.co.jp/board_woccha

 「オン・コウシンレイ・マイタリ・ソワカ」というような真言が梵字で刻まれている事があるのだとか。また、「唵縛帝吒摩訶嚕呼 羅々阿微吒帝娑婆訶」というふうに漢字が刻まれている場合もあるとのこと。

 いずれにしても、今回撮った写真からは確認することができない。ただ、多分このタイプの庚申塔碑を見るのは初めてなのだとは思うということだ。
[PR]
# by shingen1948 | 2017-08-16 09:30 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(0)
 この辺りの散策でよく見かける庚申塔碑は、「庚申」の文字碑や「青面金剛」像の刻まれた碑だ。a0087378_1123850.jpg この梵字の刻まれた庚申塔碑も初めてみる碑だと思う。

 散策の中で庚申塔碑だと気づいたのは、下に三猿像が刻まれていたからだ。
 この碑で他に庚申塔碑であることがはっきりしているのが、上部に太陽と月が描かれていることだ。雲に乗っていることもあるようだが、この碑では象徴的に記されている。
 散策で素人が簡単に庚申塔碑の見分けに使うのが雄雌の二羽の鶏だ。庚申の夜は徹夜をするので、夜明けを告げる鶏ということで描かれるようだが、この碑ではその鶏は見かけない。

 梵字だが、いろいろ検索して金剛界大日如来(バーンク、荘厳体)でないかなと思っているが、素人判断でしかない。
 ※ その後、梵字をいろいろ確認していて、青面金剛(ウン)かなと思い直して修正する。

 写真からは「七」が読めるのだが、手持ち資料からは、この碑造立については元禄6年(1693)造立情報と元禄5年(1692)造立情報しかない。また、常円寺の庚申塔(元禄7年造立)と同形式との情報もある「松川の今昔(三浦富治)」
 ◇     ◇       ◇         ◇          ◇

 「川俣町の文化財」の「旧壁沢川石橋(眼鏡橋)」解説で、松川の眼鏡橋にかかわった布野氏について、以下のような詳しい情報を見つけた。
 「設計施工者は布野宇太郎義成,弟源六義和兄弟で,布野氏は上杉氏家臣の家柄でその祖は西根堰工事の功労者と伝えられている。兄弟は「ぷっちの宇太郎,字彫りの源六」とうたわれた当地方きっての名工で、宇太郎の作には信夫橋(眼鏡橋)、飯野新橋、金華山の灯台等がある」

 参照させていただいた「街道Web」が、柴切田川橋と命名した飯野町の「広表のめがね橋」について、次のように締めくくられていた。
 「もしかすると、この柴切田川橋も布野氏の手によるものではなかろうか。そう思えてならないのである」
 これが、「川俣町の文化財」がいう「飯野新橋」だと思う。

 つまり、「川俣町の文化財」では、「街道Web」さんが想像したように柴切田川橋は、布野氏の仕事だと言っているということだ。
[PR]
# by shingen1948 | 2017-08-15 12:09 | Comments(0)

福島の野仏:松川の野仏

 今までの散策の中で、「馬頭観音」あるいは「馬頭観世音」という文字を刻んだ石塔は見ていたが、馬頭観音像を刻んだ石仏を見たのは初めてだと思う。
a0087378_11423419.jpg 馬頭観音は、本来は観音菩薩の変化身の一つであって、必ずしも馬の守護神でないという。しかし、江戸時代以降は、農作業や運搬手段として馬が庶民の生活と強く結びつくようになり、庶民が馬の無病息災を祈願して馬頭観音を立てるようになったのだとか。

 散策時に確認できていなかったが、情報では、寛政11年(1799)八丁目駅中施主弥平が台座に刻まれているとのことで、運搬手段として馬の無病息災を祈願したものと想像できる。

 この像は三面八臂像のようで、三面が確認できる。八臂か六臂かということで迷ったが、八臂だと思う。
 正面の真手が、「馬頭印」を結んでいるか合掌しているかということだが、素人目では合掌しているようにしかみえない。
 ただ、馬頭観音像は、本来は「馬頭口印」あるいは「馬頭印」を結ぶといわれる形があるのだとか。その儀軌に沿った形というのが、親指・中指・小指を立てて、人差指と薬指を曲げて両手を合わせるという姿なのだそうだ。そちらかもしれない。

 残りの手は、いろんな持物を持つはずだが、その確認もできていない。
 情報としては、馬頭観音は右手に斧か剣、左手に輪宝を持つものが多いのだそうだ。斧は除災招福、剣は悪魔を撃退、輪宝は菩提心の強化を表すのだそうだ。この持物で人間のもつ悪業障を砕き、災難を除いてくださるのだそうだ。
[PR]
# by shingen1948 | 2017-08-14 11:44 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(0)

 「散策覚書「松川鉱山仲ノ内の変電所」跡⑦」では、地図上に描いた水路とのかかわりから古天神地内の精錬場跡を推定してみている。
 http://kazenoshin.exblog.jp/23812599/
a0087378_5531379.jpg この写真は、その鉱石の集積地を予測した宿地の☆印辺りの水路を西側から眺めたところだ。
 現地では、鉱石を砕く水車小屋を想像するには細いなと思ったのだが、家に戻って確かめると、この位の水路で充分機能する水車設置は可能らしいことが分かった。
 いろいろな水車の写真を確認してみると、水車の幅程度しかない水路に設置された水車小屋の風景も結構多い。水量や地形に合わせた設置の工夫や、水路の太さを改変して勢いを調整したりすることができるらしいのだ。

 先の推理では、製錬場自体はもう少し東側に予測しているのだが、これは地名に引きずられているところがある。というのは、この辺りの地名がまだ宿地なのだ。古天神はこの写真に写る民家付近からなのだ。それで、古天神地内になるように精錬場跡を予測したところだった。
 しかし、現地では、この辺りが精錬場跡であってもおかしくないなという感じになっている。

 精錬場跡あたりがこの辺りとすれば、松川鉱山からここまで通路南側に12ポンドのレールが敷かれていたという情報が重なる。そのレール上の1t積みの鉱車を馬が曳いて鉱石は運搬されていたとのことだ。そして、ここから松川駅までは荷馬車で運ばれていったという。
 
 この時代、八丁目宿は鉱石を運ぶ荷馬車の往来が激しかっただろうし、鉱山関係者や運搬車で結構賑わっていたのだろうことも想像される。
[PR]
# by shingen1948 | 2017-08-12 09:51 | 福島の鉱山 | Comments(0)