地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
 比丘尼石と薬師堂を、地域の人々の心のよりどころとしての風景として眺める。
a0087378_11533996.jpg 「心の文化財」に、薬師堂の後ろの岩が二つに割れているので「われめの女石」とも言われているとの解説がある。それを意識して撮ったのがこれだ。
 ここに立ち寄った事がある者には、この撮影時には昨日整理の岩を背にしているということが分かる。その背にした岩の上部には「山神」の石塔が建っている。
 写りこんでいる薬師堂は、その二つの巨岩に挟まれているということだ。

 「浅川地区の名所旧跡ちょっこら旅」に「胎内に摸しての信仰もあります」とあるように薬師堂前では、包み込まれている感覚になる。「巨岩には神が宿るというイワクラ信仰のなごりもあります」との解説にも納得。

 「比丘尼がそこに住み着いたことから比丘尼石の名がついたといわれています」とあるので、その「比丘尼」を確認する。

 仏教の男性出家修行者を比丘というのに対して、女性の出家修行者を「比丘尼」と呼称するということだ。
 日本における記録上最初の比丘尼は、善信尼(ぜんしんに)と称した司馬達等の娘なそうだ。
 奈良・平安時代にも尼の存在は認められるが、一定の地位が築かれるのは鎌倉時代になって尼門跡寺ができるようになってからなのだとか。
 これとは別に、熊野比丘尼に代表される諸国を遊行する比丘尼がいたという。尼形の巫女で祈祷や託宣を業とするものもあり、近世の歌比丘尼や、遊女にまで転落した売比丘尼はそうした流れをくむといわれているのだとか。(日本大百科全書解説より)

 イメージ的には、住み着かれたという比丘尼は、諸国を遊行する比丘尼で、巫女で祈祷や託宣を業としていたという感じかな。
[PR]
# by shingen1948 | 2017-10-20 11:55 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(0)
a0087378_10543440.jpg これは、比丘尼石の薬師堂の手前の岩だ。「心の文化財」によると薬師堂の後ろの岩は二つに割れているので「われめの女石」とも言われているのだとか。

 「金谷川のむかしと今」では、この比丘尼石の薬師堂の地区を浅川字舘とし、この少し南にいったところに案内される浅川正観世音の地区が浅川字平石とされるが、半沢氏の「歴史地図」では、ここも平石地区の薬師堂としている。

 八丁目宿「眼鏡橋」について整理した時に、その石材を切り出した場所が、比丘尼石だと言われていることについては「奥州街道:八丁目宿『眼鏡橋』のある風景⑤」でふれている。 
 その時には、案内板の解説に従って浅川町五斗内の薬師堂付近とした。
 http://kazenoshin.exblog.jp/237484884/

 眼鏡橋(松川橋)建設に伴うここからの石材運搬作業は、県に「松川村の780人の人夫寄付」するという形で進められたようだった。
 その為に、松川村ではこの石材の運搬作業に各戸2~3人の役夫を科したとのことだ。その住人たちが、大八車に積んで工事現場まで運んだとのことだ。
 そのルートの想像だが、「浅川地区の名所旧跡ちょっこら旅」で案内されるコースが似合っているように思う。
 ここから「浅川正観世音」前を経由し、「石森公園」前、あるいは「成田不動尊」前の道筋から旧奥州街道に出たのではないのかなと想像する。

 なお、最近の「松川・宿場町まちづくり協議会会長の菅野善志氏」の話に、「石は、福島市御山の北を流れる松川に架けるために切り出したが、橋を架ける必要がなくなったので譲受けた」とのことだったとあることも付け加えておく。
 
[PR]
# by shingen1948 | 2017-10-19 10:56 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(0)
 「信達二郡村誌」の「岩代国信夫郡浅川村」里標の項では、「元標を中部沖之橋里道三又の側に建つ」とある。
 地名にこの沖之橋の呼称が見当たらない。
 それで、「福島の小字」で確かめると、小字「細田」と小字「木戸前」の間に位置している事が分かる。
 現在の地図と照らし合わせると、バイパスの向こう側に細町の地名が見え、木戸前の地名がバイパスの手前に見える。辺りの小字名とのかかわりも考慮すれば、この小字「沖之橋」は国道付近だったのではないかと想像できる。

 元標は、この小字「沖之橋」の三叉路の側に建っていたと読み取れる。
 この地点で浅川沿いの道筋から分岐して向かう道筋は若宮方面ではないのかなと想像する。地形的に想像できるのは、羽山岳の山麓を回り込むような道筋だろうか。
a0087378_9384191.jpg 名も知らぬ石橋供養塔が建つ橋からそちらの方向を眺めている。
 浅川沿いの道筋から羽山岳の山麓を回り込むような道筋への分岐点は、現在福島方面に向かう国道四号線バイパスへの入線道へ向かう付近なのではないのかなと勝手に想像している。

 「金谷川の主な伝説・伝承」に、この「沖之橋」とかかわりそうな話が載っている。

 「おきな橋・沖の橋(浅川)」
 むかし浅川村に「おきな」という娘がおりました。年頃になって、よその村に嫁ぎましたが、家の中のもめごとで不縁になって里に帰ってきました。
 里に帰りましても、母親にやいのやいのとせめたてられますので、また家を出て、浅川にかかっている橋のところまできました。やっぱり帰れぬと、また実家に引き返し門口まで来ました。このように、橋を行きつ戻りつして行き悩むこと限りなく、遂に、意を決して橋から身を投げたといいます。
それからこの橋を「おきな橋」と呼ぶようになりました。この話は昔という事で、何様の時代のことやら、とにかく今は「沖の橋」と呼んでおります。

 国道近くに浅川に架かる「沖の橋」と呼ばれる橋があったらしい事は分かるが、現況とのかかわりは確認できていない。
[PR]
# by shingen1948 | 2017-10-18 09:40 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(0)
 奉案殿情報とのかかわりで、黒沼神社の境内の東側にあった建物群の一つをメモったことを記したところで、原町飛行場のニュースが気になってそちらに飛んでしまった。
 その続き。

 浅川黒沼神社の前から金沢村の馬場地域に向かう道筋を地図で確かめていたら、浅川に架かる橋の脇に橋供養塔らしきものが建っているようなので確かめに出かけた。
a0087378_5535499.jpg 確かに「石橋供養塔」だった。石塔の周りを見渡したがいつ頃建てられたのかは分からない。

 この橋が架かる道筋が主要な道筋だった可能性は二つある。
 その一つは、金沢村と浅川村を結ぶという意味で主要だった可能性だ。
 黒沼神社前の道筋は阿武隈川の東岸と西岸を結ぶ鮎滝渡舟場跡から浅川沿いに奥州街道まで続く道筋の旧道だ。しかも、その浅川黒沼神社が浅川村の中央部に位置するという関係にある。
 その浅川村の中心と金沢村を結ぶ主要な道筋だったという可能性だ。

 もう一つは、浅川黒沼神社の縁起にかかわって馬場地区と浅川黒沼神社を結ぶ道筋として主要だったという可能性だ。

 今までの橋供養塔にかかわる記事の整理

 〇 奥州街道:境川から八丁目村へ②
 http://kazenoshin.exblog.jp/237146873/

 〇 山田村の散策振り返り⑤~山王道筋沿いの鹿島神社
 http://kazenoshin.exblog.jp/21340837/

 〇 羽黒山の新登拝路~祓川橋
 http://kazenoshin.exblog.jp/7926383/

 こちらはちょっと異質だが、とりあえず橋供養塔として記録しておく。
 〇 のりしろ散歩~天戸堰~天戸中堰の風景③と二枚橋情報②
 http://kazenoshin.exblog.jp/19885751/
[PR]
# by shingen1948 | 2017-10-17 09:51 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(0)